医療用レーザー脱毛の特徴やメリットとは!?

初心者が知りたい医療用レーザー脱毛について

医療用レーザー脱毛とはエステサロンではなく医療機関であるクリニックや皮膚科でのみ使用を許されている脱毛器具のことで、医療としての脱毛であるため安全性が高いことが特徴の脱毛方法のひとつです。とは言えレーザー脱毛をしてみたいけど痛みがありそう、効果が本当にあるのかなど不安で踏み切れない人も多いことでしょう。かかる費用についても考慮したい大きな点ですね。ここでは医療用レーザー脱毛についての効果や特徴などを解説します。

脱毛効果や敏感肌への影響について

医療行為であるため医療用レーザー脱毛は、サロンなどで利用されているフラッシュ脱毛よりもパワーのあるレーザー光による照射が可能です。このため施術後に感じる脱毛の実感が良好である場合が多く、効果を自覚できます。医療用レーザーは毛根の破壊を目的にするもので再生がされにくく、永久的な効果を得られやすいとされます。また敏感肌の人は医師への相談をしてから決断できることや、医療用レーザーの特徴がムダ毛のメラニン色素に限定して作用があることで、皮膚への影響が少ないと言われています。つまりアトピーなどの難しい肌質の人にも利用が可能とされる脱毛法なのです。

施術時の痛みやコストについて

医療用レーザー脱毛はムダ毛にのみ作用があるため、脱毛時の痛みが少ないことも特徴です。それでも痛みが不安!と言う人のために医療機関ならではの麻酔の作用があるクリームなどを用意している場合もあるのでカウンセリング時に相談してみてくださいね。施術時間が短いことも施術そのものが不安な人には朗報です。また施術の回数も少ないため、エステサロンでの脱毛では長期間回数を重ねて脱毛していくことを考慮すると、一度にかかる料金は高めであっても施術完了までのトータルコストから見て医療用レーザーは低価格の傾向にあります。

医療レーザー脱毛は、医療機関において脱毛の施術を受けるので、安全性がとても高く安心して脱毛の施術を受けることができます。

コメントは受け付けていません。